トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

朗読者(ベルンハルト・シュリンク)

15歳の少年ミヒャエルが知り合い恋に落ちたのは、親子ほど年の違う女性ハンナだった。「何か朗読してよ。」愛し合う一方で、ハンナはいつもミヒャエルに朗読をせがんだ。その後ハンナは突然失踪する。二人の再会は思わぬ形でやってきた・・・。

なぜハンナはあんなにもミヒャエルに朗読をせがんだのか?法廷という思わぬところで再会したアンナが、なぜもっと自分を弁護しようとしなかったのか?この作品のタイトル「朗読者」に込められた作者の思いが、ずしりと読み手の心にのしかかる。また、ラストにハンナが取った行動は衝撃的なもので、深く印象に残った。二人の関係にナチス時代の問題を絡め、作品は読み応えのあるものに仕上がっているのだが、36歳の女性が15歳の少年を誘惑するという部分にはすごく抵抗を感じた。少年の未来にどんな悪影響を及ぼすのかも考えないで、自分の欲求を押しつけた彼女の身勝手さが許せない。



| ベルンハルト・シュリンク | 17:00 | comments(0) | ゆこりん |