トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

陰日向に咲く(劇団ひとり)

忙しい毎日の生活。その意義を見失った男はホームレスになった。ある男との出会いは、そんな男の人生を再び変えることになるのだが。「道草」を含む5編を収録した連作短編集。

普通の人たちとはちょっと違う。人生という道からほんの少しはみ出してしまったような人たちの生きざまを切々と描いている。本人たちは必死に生きているのだが、ほかの人から見れば愚かしいと思うようなこともある。その両者の狭間に流れる悲哀さは、読み手に何とも言えない思いを感じさせる。かなり評判がいい作品ということで期待して読んでみたが、面白いのか面白くないのかよく分からないままに読み終えてしまった。作者がただ思いつくままにサラサラと書いたような印象で、内容に奥行きや深みが感じられないのが残念だった。



| ”け” | 22:20 | comments(0) | ゆこりん |