トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

魔術師(ジョン・ファウルズ)

フラクソス島のロード・バイロン学校に赴任することになったニコライは、前任者のミットフォードから島や学校に関するいろいろな情報を得る。ミットフォードは分かれる直前に、「待合室に気をつけろ。」という謎の言葉を残して去って行った。その言葉の意味するものを知ったときニコライは・・・?

島で出会った老人コンヒス。彼の家に招待されたときから、ニコライは彼の巧妙な罠にはめられていく。コンヒスの口から語られる彼の過去。はたしてそれのどこまでが真実なのか?ニコライがコンヒスの嘘を暴き出し、真実にたどり着いたと思ったのもつかの間、その向こうには驚くべきものが待っていた。ニコライ同様、真実をつかもうともがいてみるが、その努力がむなしい事をイヤと言うほど思い知らされる。コンヒスはいったいどこまで巧妙なのか?登場人物の誰の言葉を信じればいいのか?読み手は、作者に翻弄され続ける。「魔術」には必ずタネがあるものだが、この作品の中からそれを見つけるのは至難の業だと感じた。深い味わいのある作品だと思う。



| ジョン・ファウルズ | 16:42 | comments(0) | ゆこりん |