トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

エミリーへの手紙(キャムロン・ライト)

ある日、一人の老人がこの世を去った。彼の遺したものは自作の詩集。一見何気ない詩のように見えたが、実はそこには素晴らしい秘密が隠されていた・・。

アルツハイマーが進み、物忘れがひどくなった頑固な老人。ハリーのことを人はそう思っていた。しかし、彼はだれよりも家族を愛していた。詩の中に隠されたパスワード。そのパスワードで開かれるメッセージ。その中のひとつひとつの言葉が心に響く。「人生の選択は裕福か貧乏かでもなく、有名か無名かでもなく、善か悪かだ。」人にとって本当に大切なものは何かを教えてくれる、胸を打つ作品だった。



| キャムロン・ライト | 10:26 | comments(0) | ゆこりん |