トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

母さんごめん、もう無理だ(朝日新聞社会部)

「100歳まで頑張る。」母はそう言っていた。だが、98歳の母は74歳の息子に殺された。老々介護の果ての悲劇だった・・・。
表題作を含め、新聞記者が見た法廷で繰り広げられる人間ドラマ29編を収録。

この本の中で記者が訴えかける言葉・・・「殺人に”やむをえない事情があっていいのか?”」これが強く印象に残った。殺人は絶対に許されるべきものではない。それは当たり前のことだけれど、この本を読むとその気持ちが揺れ動く。「いったいどうしてそんなことになってしまったのか?」ずっとそのことが頭から離れない事件も多々あった。
張り詰めていたものが緩んで心がくじけたとき、悲劇は起こる。誰か手を差し伸べてくれる人はいなかったのだろうか?誰か相談できる人はいなかったのだろうか?ほんのささいなきっかけで、堕ちていく時もあれば救われる時もある。その差は紙一重でしかない。
現代社会が抱える多くの問題を含んでいて、いろいろ考えさせられることが多い作品だった。



| 朝日新聞社会部 | 22:30 | comments(0) | ゆこりん |