トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

宇宙創成(サイモン・シン)

「宇宙はビッグバンから始まった。」
今では宇宙創成の常識のように言われているが、そこに至るまでには実に数多くの人たちの苦労があった。宇宙はいかにして創られたのかという難問に、果敢に挑んだ人々の感動的な記録物語。

最初は、自分たちの住んでいる地球の大きさも知らなかった。地球が太陽の周りを回るのか、太陽が地球の周りを回るのかさえ、結論が出なかった。だが、少しずつ少しずつ、人々は宇宙の謎に迫っていく。そして、科学、数学、天文学など当時の最高の知識を駆使して、宇宙はいかにして誕生したかを調べ始める。けれど、科学技術には限界がある。人々が追い求めるものに手が届くためには、恐ろしく長い時間がかかった。時には意見の対立もあった。しかし、異なる意見の中から思わぬ真実が発見されることもあった。そのときの驚きや興奮は、読み手である私にも充分伝わってきた。
また、宇宙創成は無秩序になされたものではない。それは、科学、物理学、数学できちんと説明できるものだということにも驚いた。宇宙創成には完全なる理論があったのだ!
紀元前の宇宙観から現代の宇宙理論までの経緯が、分かりやすく説明されている。登場するさまざまな人たちのエピソードも面白かった。難しくて書かれていることすべてを完璧に理解できたわけではないが、それでも「一読の価値あり!」と思う。オススメです♪



| サイモン・シン | 16:21 | comments(0) | ゆこりん |


フェルマーの最終定理(サイモン・シン)

17世紀にひとりの数学者が示したひとつの命題は、350年間証明されることはなかった・・・。数々の数学者が挑んでは敗れ去った「フェルマーの最終定理」が、ついに完全証明される日が来た!天才数学者ワイルズは、どのようにしてそこに到ったのか?数学の歴史とともに語られた、衝撃のノンフィクション。

数学の答えは完全明解。その潔さが好きだった。問題を解き始めるときのワクワク感や解けたときの達成感は、何ものにも替え難い。この作品は、数学好きの人にはたまらない作品だと思う。もちろん、数学が苦手だという人にも分かるように、とてもていねいにやさしく書かれている。
フェルマーがこの世に残し、350年もの間証明されることのなかった超難題「フェルマーの最終定理」。それをワイルズが完全証明できたのも、先人たちが道筋をつけてくれたおかげだと思う。過去にいろいろな人たちが土台を築いてくれた。ワイルズはその上に最後の建物を築いたのだ。そのいろいろな人たちの中に、ふたりの日本人がいた。ワイルズが完全証明するために必要だった「谷山・志村予想」の中に、その名前を残している。ワイルズの偉大な業績の陰にふたりの日本人がいたことは、同じ日本人としてとても誇らしい。
何年にも渡る紆余曲折を経て、ついにワイルズは「フェルマーの最終定理」を完全証明した。それはとても感動的だ。読んでいて思わず「やった!」を叫びたくなるほどだった。
数学界における感動的で歴史的なできごとを、ぜひ多くの人に読んでもらいたい。



| サイモン・シン | 19:34 | comments(0) | ゆこりん |