トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 147ヘルツの警鐘(川瀬七緒) | main | すべては今日から(児玉清) >>
ヒート(堂場瞬一)

「神奈川県は、世界最高を目指す!」
そう高らかに宣言した知事に、神奈川県教育局スポーツ課の音無は目を見張る。カギを握るのは、山城という男だった・・。はたして、42.195キロに奇跡は起きるのか?

「世界最高記録更新」それがとてつもなく困難なことだと、誰もが知っている。だが、この困難なことに敢えて挑戦しようとする男たちがいた。入念なコース設定、選手やペースメーカー探し、気候への対策、マスコミへの宣伝・・・。やることは山ほどあった。それにしても、マラソンというスポーツが、こんなに繊細なものだとは知らなかった。ペースメーカーがこれほど重要な存在だということも初めて知った。走る当人はもちろんのこと、それを支えるスタッフの努力は並大抵ではない。
後半は思わぬ展開になった。はたして世界最高記録は出るのか〜〜〜!?手に汗握る緊迫した状況に、読んでいて心臓がドキドキしてきた。それだけに、ラストは微妙だった。プツンと途切れてしまった感じがした。「ここで終わっていいのか!」そう叫びたいのは、私だけだろうか・・・。



| 堂場 瞬一 | 14:59 | comments(0) | ゆこりん |