トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 天使の爪(大沢在昌) | main | 嘘をもうひとつだけ(東野圭吾) >>
カノン(篠田節子)

かつて愛した男が自殺した。死の直前までバイオリンで「カノン」を演奏しながら。その「カノン」は録音され、瑞穂のもとに送られてきた。逆回転で録音された「カノン」。そのテープを受け取ったときから、瑞穂は言い知れぬ恐怖を味わうことになる・・・。

聴こえるバイオリンの音も、自殺したはずの香西の姿も、すべては瑞穂の心が作り出す幻なのか?それとも現実なのか?過去を忘れ、平凡に生きる日常に、不安は波紋のように広がっていく。人の思いとはこれほど強いものなのか。そして、その強さは死をも超越するものなのか。置き去りにしてきた過去の自分をしっかり見つめたとき、そこからまた新たな人生が始まる。瑞穂もそうあってほしいと願う。



| 篠田 節子 | 19:35 | comments(0) | ゆこりん |