トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 天国の本屋(松久淳+田中渉) | main | うつしいろのゆめ(松久淳+田中渉) >>
新選組血風録(司馬遼太郎)

それぞれどういういきさつで、どういう思いで新選組に加わったのか?そして、その後の運命はどうだったのか?新選組に関わった人物を生き生きと描いた15編を収録。

一口に新選組と言っても、それを構成する人々の思いは様々だ。感情的な問題、利害関係などで、本来の目的とは別のところで、人と人との斬り合いが始まったりもする。隊としての統制を保つための厳しい隊規。それを守ろうとする者、守らせようとする者、またそこから逃れようとする者。凄まじい人間模様が浮かび上がる。だが彼らのほとんどは、歴史のうねりの中に消えていった。その最期を思う時、彼らに対し哀れさを感じる。これほど多くの犠牲をはらわなければ、歴史を変えることは出来なかったのか?歴史が変わるということは、そういうことなのか?歴史とは、戦いの記録なのかもしれない。



| 司馬 遼太郎 | 14:57 | comments(0) | ゆこりん |