トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 世界の中心で、愛をさけぶ(片山恭一) | main | ワイルド・ソウル(垣根涼介) >>
Twelve Y.O.(福井晴敏)

沖縄から米海兵隊を撤退させたのは、たった一人のテロリストだった。彼の名は「12(トゥエルブ)」。
コンピュータウィルス「アポトーシス供廚函∪擇蟷イ箸い錣譴拭孱贈楕現顱廚鮗蠅法彼は米国防総省を脅迫し続けた。彼の最終目的は何か?江戸川乱歩賞受賞作品。

圧倒的迫力で、読む者を惹きつける。だが、この作品の根底に流れるのは、人間の心の奥にひっそりと存在していた悲しみだった。「12」こと東馬修一。父を愛することも、父に愛されることも知らずに育った彼の求めたもの、それは親子の絆ではなかったのだろうか。国家の思惑に翻弄された一人の男の憐れさ。「BB文書」の正体が明らかになった時、その思いはいっそう強まった。「死ぬな!生きろ!」かつて東馬に命を救われた平が、東馬に言われた言葉だった。平はそれと同じことを若い二人、護と理沙に叫ぶ。平の思いが、この二人に届くことを願った。



| 福井 晴敏 | 12:03 | comments(0) | ゆこりん |