トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< インストール(綿矢りさ) | main | 世界の中心で、愛をさけぶ(片山恭一) >>
モリー先生との火曜日(ミッチ・アルボム)

ある日偶然テレビで、ミッチは大学時代の恩師の姿を見る。モリー先生。16年ぶりに会った先生は、難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵され、余命わずかだった。モリー先生、ミッチ、二人だけの授業が、毎週火曜日に行われることになった・・・。感動のノンフィクション。

二人だけの授業。そこでは人間の本質的なことが語られる。「人はいかに死ぬべきか。」それを知ることは、自分がいかに生きるべきかを知ることでもあるという。人生の終わりは誰にでもやって来る。その時に、自分はそれをしっかりと受け止めることが出来るのだろうか?人を愛し、人のために何が出来るかを考えられるだろうか?おそらく、モリー先生の半分も出来はしない。しかし、人生を見つめなおし、いかに生きるべきかを考えることは、出来ると思う。この本はそのきっかけを与えてくれた。ぜひ、多くの人に読んでもらいたい作品だ。



| ミッチ・アルボム | 15:54 | comments(0) | ゆこりん |