トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 怪しい人びと(東野圭吾) | main | 永遠の仔(天童荒太) >>
仄暗い水の底から(鈴木光司)

あるマンションに引っ越してきた淑美、郁子親子。二人はマンションの屋上で、子供用の赤いバッグを拾う。そのバッグは、以前このマンションに住んでいて、行方不明になった女の子のものだった。その日から不思議なことが起こり始める・・・。行方不明の女の子はどこに?バッグの落ちていた屋上には高架水槽があった。女の子はそこに・・?7つの短編を収録。

どの話も水に関する話だ。7つめの短編は、プロローグとエピローグに関係した話になっている。どれも読んでいてぞくっとするが、本の内容そのものよりも、むしろ、そこに登場する人間の内面、心のうちにあるゆがんだ心理に恐怖を感じる。怖いのは怪奇現象などではない。生身の人間の心だ。そのことを強く感じるから、よけいにこの本に対して怖さを感じる。



| ”す” | 16:00 | comments(0) | ゆこりん |