トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 恐怖の誕生パーティー(ウィリアム・カッツ) | main | リプレイ(ケン・グリムウッド) >>
タイムスリップ森鴎外(鯨統一郎)

大正11年、何者かに命を狙われた森鴎外は、ふとしたことから80年後にタイムスリップする。元の世界に帰る方法を探しているうちに、彼は奇妙な現象を発見する・・。

芥川龍之介、太宰治など昭和初期の作家が、かなりの数若死にをしている。なぜか?原因を突き止めようとする鴎外の前に、彼の命を狙う謎の男達が現れる。鴎外が現代風な「おじさん」に変わっていく様が面白い。携帯やワープロをたくみに使いこなし、ラップを楽しむ鴎外の姿を想像しただけでも愉快だ。もし、本物の鴎外が今の日本をながめたら、彼は何と言うだろうか?聞いてみたい。



| ”く” | 08:43 | comments(0) | ゆこりん |