トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 蒲生邸事件(宮部みゆき) | main | 漱石とその時代5(江藤淳) >>
燃えよ剣(司馬遼太郎)

幕末の動乱期を新選組副長として剣に生き剣に死んだ男、土方歳三の華麗なまでに頑な生涯を描く。

「土方歳三」という人物が、実に魅力のある人物として描かれています。最初から最後まで読者を飽きさせることなく、作品の中へ没頭させるのは、やはり司馬遼太郎という作家の持つ力なのでしょうか?新選組副長として、激動の幕末を風のように駆け抜けた「土方歳三」。最後の戦いを前に彼の胸に去来したのは、果たしてどんなことだったのでしょうか?



| 司馬 遼太郎 | 15:11 | comments(0) | ゆこりん |