トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 追憶の夜想曲(中山七里) | main | 夜の床屋(沢村浩輔) >>
国盗り物語(司馬遼太郎)

妙覚寺で法蓮房と呼ばれていた松波庄九郎は、独特の知恵と才覚で次第に力をつけていった。やがて目標を「美濃の国盗り」と定め、それを実現させるのだが・・・。
「美濃の蝮」と呼ばれた斎藤道三の生涯と、彼の遺志を継いだ織田信長、明智光秀の生きざまを鮮やかに描いた大作。

群雄割拠、下剋上。戦国時代には数々のドラマがある。斎藤道三。道三の娘婿の織田信長。道三の甥にあたる明智光秀。食うか食われるか、生きるか死ぬか、ギリギリ紙一重のところで生きる不思議な縁で結ばれた3人。彼らの壮大な物語は読み手を興奮させる。手に汗握る迫力だ。彼らの運命を、また、彼らの最期を知りながら読むのも感慨深いものがあった。
戦国時代・・・。誰が天下を取ってもおかしくはない時代だった。もし本能寺で織田信長が明智光秀に討たれなかったら?明智光秀が織田信長を裏切ることなく天下取りを推し進めたら?いったい歴史はどうなっていただろう。そういうことを考えるとワクワクする。歴史好きの人だけでなくそうでない人にもぜひ読んでもらいたい、読みごたえのある面白い作品だった。



| 司馬 遼太郎 | 19:58 | comments(0) | ゆこりん |