トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< ハケンアニメ!(辻村深月) | main | コンビニたそがれ堂 星に願いを(村山早紀) >>
コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状(村山早紀)

駅前にある商店街のはずれに、赤い鳥居が並んでいる。そこに、夕暮れ時になると現れる不思議なコンビニがある。コンビニの名前は「たそがれ堂」。大事なさがし物がある人は、必ず見つけることができると言われている。いったいどんな人が訪れるのか・・・?心に迫る4編を収録。コンビニたそがれ堂2。

父親の再婚で新しい街で新しい生活を始めなければならない女の子の話「雪うさぎの旅」。いとこの秋姫の死のショックから立ち直れずにいる真衣の話「人魚姫」。旅に出たままついに戻ることのなかった薫と、薫を慕う薫子との切ない関係を描いた「魔法の振り子」。戦国時代に生きた黒猫の時を超えた想いを描いた「エンディング〜ねここや、ねここ」。
人でも物でも・・・たとえそれが雪だるまや雪うさぎであっても、自分にとって大切な人を想う心は同じだ。想いは、時を超え生と死をも超え、自分が届けたい相手のもとへ・・・。読んでいてとても切ない。どの話もよかったが、「魔法の振り子」が一番印象に残った。できることなら、薫と薫子をもう一度会わせてあげたかった。
「どんなにつらいことがあっても、人はそれを乗り越えて生きていかなければならない。行く先に必ず光があるはずだから・・・。」4つの話は、読み手にそれを教えてくれる。哀しくてホロリとするような話もあるが、心温まる作品だと思う。読後感もよかった。ただ、「人魚姫」の話が長く、中だるみしてしまったのが残念だった。もう少しコンパクトにまとめればきりっとした印象になると思うのだが・・・。



| 村山 早紀 | 19:31 | comments(2) | ゆこりん |


>苗坊さん
おはようございます♪
「コンビニたそがれ堂」は、苗坊さんの
ブログで書評を読んでその存在を知りました。
苗坊さんのおかげでいい本に巡り合うことが
できました<(_ _)>
9月に新作が出ますよね。楽しみです♪
((o(^-^)o))わくわく
| ゆこりん | 2015/08/03 8:59 AM |

こんばんは^^
本当に素敵なお話ですよね。
きっと村山さんの心が本当に綺麗だからこういう作品が書けるんだろうなと思います。
私は「人魚姫」が特に好きでした。秋姫の強さが綺麗で、私もがんばらなければと思いました。
「魔法の振り子」も良かったですね。何となく嫌な予感はしていましたが、それでも2人を会わせてあげたかったです。
| 苗坊 | 2015/08/02 6:29 PM |