トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 神さまたちの遊ぶ庭(宮下奈都) | main | 火星に住むつもりかい?(伊坂幸太郎) >>
夏目漱石 読んじゃえば?(奥泉光)

「夏目漱石はこう読もう!」
文豪夏目漱石の本の、全く新しい読み方がここにあった!奥泉光流のその読み方とは?

夏目漱石といえば明治の文豪だ。その作品は堅苦しいものが多いと思いきや・・・。作者は独自の視点で漱石作品を解説している。漱石作品を読みこんだ作者ならではの独特の解説に、「おおーっ!この作品はこういう読み方もできるのか!」と感動した。この本を読めば抵抗なく漱石作品を読めるのではないだろうか。
「吾輩は猫である」「坊っちゃん」「三四郎」「こころ」「それから」「明暗」などなど。視点を変えると作品色が違って見える。子供が読んでも面白いと思うが、大人が読んでも充分楽しめると思う。この作品を読むと、抵抗なく漱石に手が出せるのではないだろうか。漱石の作品に興味がある人だけではなく、すでにたくさんの漱石の作品を読んでいる人にもぜひ読んでもらいたいと思う。それにしても、漱石作品は奥が深い。多くの人に愛されるのも納得♪



| ”お” その他 | 20:35 | comments(2) | ゆこりん |


>苗坊さん
こんばんは〜♪
同じ本でもいろいろ読み方があるものだと思いました。
作者の独特の解説は、面白かったです。
実はこの本、苗坊さんのレビューを読んで面白そうと
思って読んでみたのです(*^^*)
漱石のほとんどの作品はまとめてKindleで安く
買いました。
たったの200円!時代は変わるものですね〜(^^;
| ゆこりん | 2015/09/06 9:14 PM |

こんばんは^^
面白かったですよね〜
私、夏目漱石は国語で習った「こころ」くらいなのですが^^;
この本を読んでそんなに気負わないで読んでいいんだって思いました。これは夏目漱石だけではなくて読書全体に言えることかなと思いました。
いつになるかわかりませんがせめて代表作だけでもちゃんと読もうと思えた作品でした^^
| 苗坊 | 2015/09/04 9:31 PM |