トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 田園発 港行き自転車(宮本輝) | main | 鹿の王(上橋菜穂子) >>
砂の街路図(佐々木譲)

「なぜ父は、幼かった自分と母とを捨てこの街で溺死したのか?」
父の死の真相を知るために、岩崎俊也は北海道の運河町を訪れた。その街には、俊也の知らなかった父の姿があった・・・。

運河町を訪れた俊也は、昔の父を知る人たちに話を聞こうとする。だが、彼らは堅く口を閉ざし、なかなか話そうとはしなかった。どんな真相が隠されているのか、読み手としては興味津々だ。けれど内容は、街の様子の描写があまりにも多くうんざりするほどだった。読んでいて街の様子がすんなりと頭に入ってこなく、何度も何度も巻頭の地図を見なければならなかった。そんなに街の中の様子が真相を知る上で重要なのかと思ったが、そうでもない。何のためにこれほどしつこく街の様子を描くのか理解できない。それでも真相を知りたくて読み進めたのだが、その真相はお粗末としか言いようがないものだった。はたしてこれが、ひとりの人間を死に追いやるものなのだろうか?到底納得できない。これでは、ここまでせっせと読んできた苦労が報われない。読後感も悪く、あまり面白味のない作品だった。



| ”さ” その他 | 17:47 | comments(0) | ゆこりん |