トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 依頼人は死んだ(若竹七海) | main | 江ノ島西浦写真館(三上延) >>
サブマリン(伊坂幸太郎)

前作「チルドレン」から12年、あの陣内が再び登場!家裁調査官・陣内と罪を犯した少年たちのちょっと切ない関係とは?

「チルドレン」の面白さは忘れられない。型破りだが憎めない陣内の人柄。突飛な行動の陰に隠された陣内の思い。それらが再びこの「サブマリン」でよみがえる。
無免許で人を轢き死なせてしまった少年。けれど、そこには複雑な事情があった。陣内と、彼とコンビを組む武藤の、真実探しが始まる。陣内に振り回されているようで、実は陣内にコントロールされている?武藤。武藤のキャラも個性的で面白い。さまざまな伏線が真実に向かって収束していく様は、さすが、伊坂さん!けれど、若さだけで突っ走った昔の陣内とはちょっと違う今の陣内を見て、作者の伊坂さんも年齢を重ねたのだとあらためて思った。12年という年月を感じずにはいられない。
読後もさわやかな余韻が残る面白い作品だった。できれば、また陣内に会いたい・・・。お願いします!伊坂さん!



| 伊坂 幸太郎 | 13:05 | comments(0) | ゆこりん |