トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪
つぶやいてます♪
Instagram

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< ビブリア古書堂の事件手帖7(三上延) | main | ディセント 生贄の山(ティム・ジョンストン) >>
遠い唇(北村薫)

何十年かぶりに見た学生時代の同人誌。その中にはさまっていたのは、姉のように慕っていた今は亡き先輩から届いたハガキだった。そのハガキに書かれていた暗号めいたアルファベットの文字には、先輩の想いが込められていた・・・。表題作「遠い唇」を含む7編を収録。

学生時代に受け取った時には分からなかったアルファベットの文字の暗号の意味が、何十年もたってから分かった。だが、そこに込められた先輩の想いにようやく気づいた時、先輩はもうこの世の人ではなかった。「遠い唇」は読んでいてとても切なかった。先輩はなぜ自分の想いを直接伝えなかったのか?伝えなかったことを後で悔やむことはなかったのだろうか・・・?哀しい余韻が残る。
「しりとり」も、切ない話だった。命が尽きようとしている夫が、愛する妻に残したしりとりの謎。そこには、あふれんばかりの愛があった。ホロリとする話だった。
「ビスケット」では、「冬のオペラ」という作品に登場した名探偵・巫弓彦と姫宮あゆみが登場する。ふたりにまた会えた!!
何気ない日常の中からきらりと光る謎を紡ぎ出す。作者の独特の感性に彩られた楽しい作品だった。



| 北村 薫 | 17:10 | comments(0) | ゆこりん |