トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪
つぶやいてます♪
Instagram

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 八朔の雪(みをつくし料理帖1)(高田郁) | main | 想い雲(みをつくし料理帖3)(高田郁) >>
花散らしの雨(みをつくし料理帖2)(高田郁)

神田御台所町にあった店が焼失した後、元飯田町に場所を変えてつる屋は新たなスタートを切った。忙しくなったつる屋は、新たに下足番としてふきという少女を雇い入れた。だが、ふきを雇い入れた頃から、澪の創作料理がライバル店である登龍楼から先に出されるようになった。澪は、ふきの不審な行動に気づくが・・・。「みをつくし料理帖」シリーズ2。

幼い少女が大人たちの妬みや恨みのために利用された。ふきとその弟の過酷な運命を思うと胸が痛んだ。このふたりはこれからどうなるのか、目が離せない。
また、澪たちと同じ長屋に住むおりょうの息子・太一が麻疹に罹った時の描写も印象に残った。伊佐三とおりょうの息子・太一は、実の親を火事で失い、そのショックから口がきけなくなっていた。だが、伊佐三とおりょうは、実の子同様に太一をかわいがっていた。その太一が麻疹になってしまう。当時は命にかかわる大変な病気だ。生きるか死ぬか?ふたりの懸命の看病が胸を打つ。そして、このことがきっかけで、澪、芳とおりょう一家との間に固い絆ができる。助けられたり、助けたり。人情味にあふれる話は感動的だ。
まだまだ謎もある。これから先どうなるのか気になることもたくさんある。次回が楽しみだ。とても面白かった。



| 高田 郁 | 22:08 | comments(0) | ゆこりん |