トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 心星ひとつ(みをつくし料理帖6)(高田郁) | main | 残月(みをつくし料理帖8)(高田郁) >>
夏天の虹(みをつくし料理帖7)(高田郁)

澪は決心する。自分の料理を喜んで食べてくれる人のために、これからも料理を作り続けようと。だがそれは、小松原との別れを意味していた・・・。一方、思いがけない不幸が澪を襲った。澪は、料理人として生きていくことができるのか?「みをつくし料理帖」シリーズ7。

澪は、はっきりと自分の道を見定めた。たとえそれが愛する人と別れることになっても後悔しないという決意で。たった一度の人生をどう生きるか?人生の分かれ道に立った時、どちらを選択するかは難しい。一度選んでしまえば、もう後戻りはできないのだ。
料理人として生きる決意を固めた澪だったが、思いがけない不幸が澪を襲う。だが、周囲の人たちの支えと助けで、澪は何とか料理を作り続ける。吉原「翁屋」の料理番・又次は、良き相棒として澪を支えてくれた。ラストでは、その又次にも思いがけないことが起きる。かなり衝撃的だった。野江はこの先どうなるのか?澪の願いは本当にかなうのか?ますます目が離せない。面白かった。



| 高田 郁 | 22:20 | comments(0) | ゆこりん |