トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪
つぶやいてます♪
Instagram

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 夏天の虹(みをつくし料理帖7)(高田郁) | main | 美雪晴れ(みをつくし料理帖9)(高田郁) >>
残月(みをつくし料理帖8)(高田郁)

吉原が火事になった時に又次に命を助けられた摂津屋が、澪を訪ねてきた。又次の言葉の意味するものを知りたいと言うのだ。澪は、自分と野江との関係を言い出せずにいたのだが・・・。「みをつくし料理帖」シリーズ8。

吉原の火事をきっかけに、澪と野江の周辺にも変化が生じる。摂津屋は、澪と野江の過去を調べようとしていた。澪は、又次との約束もあり相変わらず野江の見受けのお金をどう工面するか悩んでいた。野江の身受けにかかるお金は四千両だ。そんな大金を、はたして澪は用意できるのか?一方、芳はやっと息子の佐兵衛と会うことができたのだが、佐兵衛は料理の道には戻らないという。その理由はまだ明かされない。澪と登龍楼との関係も微妙なものになっていく。芳の人生も大きく変わろうとしている。シリーズ8では、いろいろな人の運命が今までとは違う方向へ動き出そうとしている。読んでいると心配なことばかりで、登場人物たちのこれからの人生が気になってしょうがない。残り2冊、今後の展開がとても楽しみだ。面白かった。



| 高田 郁 | 23:38 | comments(0) | ゆこりん |