トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< セイレーンの懺悔(中山七里) | main | 月の満ち欠け(佐藤正午) >>
とるとだす(畠中恵)

長崎屋の主・藤兵衛が倒れた!どうやら、薬種屋たちが持ってきた薬を飲みすぎたためらしい。飲みすぎの原因が自分に関係することだと知り、跡取り息子の一太郎は父親を救うために奔走する。はたして、藤兵衛は回復することができるのか・・・?しゃばけシリーズ16。

父・藤兵衛が倒れ、一太郎も奮起せざるを得ない。藤兵衛の体から飲みすぎた薬をだすために、一太郎は神様にも頼ろうとするが・・・。
何だか、今までのしゃばけシリーズとはちょっと違う雰囲気の話だ。登場する者たちも、ひと味もふた味も違う。一寸法師や浦島太郎???長崎屋の主に強い恨み抱く恐ろしい狂骨なるものが登場したときには、「藤兵衛はどうなるのか!?」とぞっとした。
「マンネリ化だ。」「内容が分かりづらい。」などという感想もあるが、私はとてもよく考えられた話だと思った。けれど、残念なことにそれが面白さには結びついていないのではないだろうか。好き嫌いがはっきり分かれる作品になってしまったような気がする。このシリーズが大好きなので、次回作に期待したい。



| 畠中 恵 | 20:39 | comments(0) | ゆこりん |