トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 盤上の向日葵(柚月裕子) | main | 帰郷(浅田次郎) >>
花を呑む(あさのあつこ)

東海屋五平が死体となって発見された。五平の口には深紅の牡丹の花がいくつも入れられていた。死体を発見した手代と女中は、女の幽霊を見たと証言する。女の恨み?その事件には、意外な真実があった。「弥勒」シリーズ7。

五平の死の真相。それを調べていくうちにしだいに明らかになる意外なできごとの数々。そこに、遠野屋の主人・清之介とその兄、同心・木暮信次郎の手足となり働く岡っ引き・伊佐治の息子の嫁・おけいが絡んでくる。やがてそれは微妙につながっていくことになる・・・。
断ち切ろうとしても断ち切れない縁。忘れようとしても忘れられない過去。人はいつもそのことで悩み苦しむ。清之介にしてもおけいにしても、苦しみを抱えて生きていくことになる。だが、清之介の苦しみを冷ややかに笑いながら見ている者もいる。同心の木暮だ。因縁深いふたりの絡み合いが、果てしもなく続く。このふたり、いったいどうなるのだろう?新たな展開があるのではないかと新刊が出るたびに期待するのだが、ふたりの間には何の進展もない。また、最近は似たような話が多くなり、少々飽き気味になってしまった。このシリーズをこれからも読み続けるのか?そうも思い始めてきた。作者にはぜひ、新たな展開をお願いしたい。



| あさの あつこ | 20:11 | comments(0) | ゆこりん |