トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< テーラー伊三郎(川瀬七緒) | main | 魔力の胎動(東野圭吾) >>
カーテンコール!(加納朋子)

「閉校になるので、4月以降、萌木女学園は存在しません!」
けれど、単位取得に失敗し卒業できない学生がいた。彼女らは、学園理事長からの提案で、半年間の寮生活で卒業を目指すことになったのだが・・・。

外出もネットも面会もすべて禁止。そして見知らぬ者同士の集団生活。何もかもが戸惑うことばかりの寮生活だった。彼女たちは皆それぞれ、心や体に悩みを抱えていた。それぞれの抱える問題は、胸が痛くなるものばかりだ。だが、寮生活の中で彼女たちは変わっていく。心の中に何かが芽生え始めた・・・。
「誰かが自分のことを気にかけてくれる。」
そう思えるだけで救われる。自分の未来に希望が持てる。彼女たちは単に学園を卒業したのではない。過去の自分からも卒業したのだ。そして、前向きに生きようと新たな一歩を踏み出した!
心がほのぼのとする作品だった。読後もさわやか♪



| 加納 朋子 | 21:31 | comments(0) | ゆこりん |