トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 野の春(宮本輝) | main | バベル九朔(万城目学)  >>
ドクター・デスの遺産(中山七里)

「往診に来た医者が父を殺した!」
少年の訴えが事の始まりだった。単なる少年の思い込みだと考えていた犬養は、そこに恐るべき事実が隠されているのを知ることになる・・・。
「刑事犬養隼人」シリーズ4。

医者が来て父に注射をした。間もなく父は死んだ。少年は、父が医者に殺されたと訴える。そこには、思いがけない問題が隠されていた・・・。
「安楽死」の問題を真っ向から取り上げた作品。助かる見込みのない病人。そして、それを支える家族。精神的にも経済的にも、しだいに追い詰められていく。苦しむ病人のため、疲弊している家族のため、安楽死は許されるべきなのか?生きる権利があるように、人には死ぬ権利もあるのか?
読んでいて、本当に難しい問題だと思った。「違法」という言葉では簡単に片付けられない事情がそこにはある。
犯人の意外性、ラストの犬養の行動など、面白く興味深く読んだ。とても考えさせられる内容の作品だった。



| 中山 七里 | 21:06 | comments(0) | ゆこりん |