トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< そしてバトンは渡された(瀬尾まいこ) | main | 夏季限定トロピカルパフェ事件(米澤穂信) >>
夜が暗いとは限らない(寺地はるな)

閉店が決まったあかつきマーケット。そのマーケットのマスコット・あかつきんが失踪した!だが、失踪したはずのあかつきんは町のあちこちに姿を現し、人助けをする。なぜ?
さまざまな人たちのさまざまな心温まる物語。

大阪市内にほど近い、人口10万ほどの市。その市のはじっこあたりに暁町はあった。その暁町にある「あかつきマーケット」が存続の危機に・・・。マーケットを盛り上げようとマスコットキャラクター「あかつきん」が誕生した。だが、マーケットの閉店が決まり、あかつきんも突然失踪してしまう。なぜ、あかつきんは失踪したのか・・・?
この作品に登場する人たちの悩みや苦しみ。それは、当人にとっては深刻でもほかの人から見たら取るに足らないことかもしれない。でも、読んでいて共感できる。そういうことが現実の日常でも起こりうると思うからだ。
「ちょっとした言葉や何気ない行動が、暗闇の中にいる人に光を与えることもある。」
この作品を読んで強くそう感じた。 短編集だが、話はどこかでゆるくつながっている。そして、あちこちに現れるあかつきんの存在も、いろいろな意味を持つ。読んでいて心地よい。
人生にとって何が一番大切かを考えさせてくれる、味わいのある作品だった。



| ”て” | 21:57 | comments(0) | ゆこりん |