トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 花のあと(藤沢周平) | main | ニサッタ、ニサッタ(乃南アサ) >>
姫椿(浅田次郎)

事業が行き詰まり死を決意した高木が訪れたのは、20数年前に妻と過ごした懐かしい場所だった。赤い姫椿の花の記憶が、彼に生きる希望を与えた・・・。表題作「姫椿」を含む8編を収録。

ちょっと不思議な話から日常生活の中によくありそうな話まで、実にさまざまな話がちりばめられている・・・。そんな印象だった。どの話にも、傷つき苦悩する人たちが描かれている。特に印象に残ったのは「懈(シエ)」だ。飼い主の鈴子が不幸の涙を流さなくなったときの懈の想いが、とても切なかった。「マダムの喉仏」も、ある人間の凄まじい人生を描いていて衝撃を受けた。絶妙な人間ドラマが繰り広げられ、まあまあ楽しめる作品だと思う。



| 浅田 次郎 | 19:18 | comments(0) | ゆこりん |