トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 戌亥の追風(山本一力) | main | セブン(乾くるみ) >>
銀翼のイカロス(池井戸潤)

頭取の意向で業績不振に陥った帝国航空を担当することになった半沢だが、思わぬ横槍が入る。政権交替により、有識者会議で承認された修正再建プランが白紙撤回され、国土交通大臣の鶴の一声で再生検討チーム「タスクフォース」が立上げられた。半沢対タスクフォースの戦いが始まった・・・。半沢直樹シリーズ4。

有識者会議で決定された修正再建計画。それが白紙撤回され、国土交通大臣の私設諮問機関「タスクフォース」が立上げられた。だが、それは本当に帝国航空の未来を考えてのものではなかった。それは、面子のためであり、私利私欲のためだった。帝国航空再建を利用しておのれの欲求を満たそうとする者たちが群がってくる。そして、タスクフォースの乃原が銀行側に債権放棄を迫り、半沢たちと激しく対立する。
今回の戦いの相手は、巨大権力を持つ政府機関、大臣、政界の実力者だ。今度はいくら半沢でも無理なのでは?と思った。だが、半沢は怯まなかった。相手がだれであろうと、間違ったことをする人間は許さない。真正面から堂々と立ち向かっていく。帝国航空は再生することができるのか?債権放棄をしなければならないのか?すべてタスクフォースの思い通りになってしまうのか?過去の融資問題とも絡み合い、事態は思いがけない方向へと進んでいく。そしてしだいに真実が明らかになっていくが、それは諸刃の剣だった。相手を打ち負かすことはできるが、こちらも相手と同じくらい深い傷を負う。「半沢!どうする!?」読んでいて目が離せなかった。ひたすらラスト目指して読み進む。そして・・・。
半沢に達成感はあるのだろうか?あるとしたら、それは悲壮感を伴ったものではなかったのか?この作品の冒頭にある牧野治の遺書は、いったいどんな意味を持つのか?彼は何のために死んだのか?彼は本当に死ななければならなかったのか?私には分からない。銀行の体面と人の命、どちらが重いかは明白なはずなのに・・・。頭取の中野渡の言葉も胸にずしっとくるものだった。
少々マンネリ化してきたかなと思うが、このシリーズは本当に面白い。一気読みだった。次回の半沢の活躍に期待したい。



| 池井戸 潤 | 22:38 | comments(2) | ゆこりん |


>アッシュさん
こんにちは〜。
すごい!!そういう風に考えたんですね。
ネットでイカロスの神話について調べた時にこういう
言葉がありました。

「イカロスよ、空の中くらいのの高さを飛ぶのだよ。
あまり低く飛ぶと霧が翼の邪魔をするし、あまり高く
飛ぶと、太陽の熱で溶けてしまうから。」

人は上を目指そうとする。だが、ほどほどにしないと
逆に墜落してしまう。使い方を間違えるととんでもない
ことになる。
「諸刃の剣」的なところがあるのかな?と思いました。
銀色に輝く翼は飛躍の象徴でもあるけれど、失墜とは
表裏一体なのではないでしょうか。
傲慢な人間は、翼の使い方を間違えてしまう・・・。
私は、そういう風に受け取りました。
いろいろ考えさせられる作品でしたね。
このシリーズ、まだまだ続けてほしいと思っています♪
| ゆこりん | 2014/08/24 10:44 AM |

ゆこりんさん、こんばんは。
銀翼のイカロス読み終わりました。
ロスジェネの逆襲に比べて作品の質は劣りましたが
強いメッセージがあったように思えました。

「銀翼のイカロス」というタイトルですが
銀翼の銀とは「銀行」でしょう。
翼については今回のテーマである航空会社のようでいて
実は旧Sと旧Tのことではないでしょうか。
すなわちイカロス(中野渡頭取)は二つの合併銀行を
両手に翼として持ち融和という形で飛ぼうとした・・
けれど若かりしイカロスは愚かで過ちをおかしてしまう。
すなわち旧Tの清算に対する自らの行動、
中野渡は自らこう語ります。
「あのとき、我々はお互いの融資内容について、徹底的に
検証し真相を究明すべきだった。その上で、牧野さんの死に
ついて論ずるべきだった」
けれども作者池井戸さんはそんな中野渡を
イカロスにたとえたのはなぜでしょう。
ただおろかな人間として喩えたかったのでしょうか?
いや、むしろそれは彼の頭取としての行動や最後の英断を
イカロスの勇気をたたえるがごとく
あえてなぞらえたのでは・・・そんな気がします。

次回作も期待したいものですね。
| アッシュ | 2014/08/22 11:11 PM |