トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 卒業(東野圭吾) | main | 新妻(池波正太郎) >>
フェルマーの最終定理(サイモン・シン)

17世紀にひとりの数学者が示したひとつの命題は、350年間証明されることはなかった・・・。数々の数学者が挑んでは敗れ去った「フェルマーの最終定理」が、ついに完全証明される日が来た!天才数学者ワイルズは、どのようにしてそこに到ったのか?数学の歴史とともに語られた、衝撃のノンフィクション。

数学の答えは完全明解。その潔さが好きだった。問題を解き始めるときのワクワク感や解けたときの達成感は、何ものにも替え難い。この作品は、数学好きの人にはたまらない作品だと思う。もちろん、数学が苦手だという人にも分かるように、とてもていねいにやさしく書かれている。
フェルマーがこの世に残し、350年もの間証明されることのなかった超難題「フェルマーの最終定理」。それをワイルズが完全証明できたのも、先人たちが道筋をつけてくれたおかげだと思う。過去にいろいろな人たちが土台を築いてくれた。ワイルズはその上に最後の建物を築いたのだ。そのいろいろな人たちの中に、ふたりの日本人がいた。ワイルズが完全証明するために必要だった「谷山・志村予想」の中に、その名前を残している。ワイルズの偉大な業績の陰にふたりの日本人がいたことは、同じ日本人としてとても誇らしい。
何年にも渡る紆余曲折を経て、ついにワイルズは「フェルマーの最終定理」を完全証明した。それはとても感動的だ。読んでいて思わず「やった!」を叫びたくなるほどだった。
数学界における感動的で歴史的なできごとを、ぜひ多くの人に読んでもらいたい。



| サイモン・シン | 19:34 | comments(0) | ゆこりん |