トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< ボクの町(乃南アサ) | main | 猫と針(恩田陸) >>
ロートレック荘事件(筒井康隆)

ロートレック荘と呼ばれる別荘で、一人また一人と殺されていく。犯人はロートレック荘の中にいる!いったい誰が?なぜ?銃声とともに始まった惨劇の結末は?

私が読んだのは単行本だが、読んでみて表紙に書かれていた「映像化不能。前人未到の言語トリック。」という意味がよく分かった。読み手は、知らず知らずのうちに思い込まされていた。こういうふうに、思い込まされてだまされたという本は他にもある。乾くるみの「イニシエーション・ラブ」と歌野晶午の「葉桜の季節に君を想うということ」だ。「イニシエーション・ラブ」の方は、見事にだまされたという爽快感のようなものがあった。「葉桜の・・・」の方は、こういうトリックはありなのかと少々疑問に感じる部分があった。けれど、どちらも読み返すのが楽しかった。だがこの作品は、ただ確認するためにだけページをさかのぼる・・・そんな感じでつまらなかった。本の表紙には「この作品は二度楽しめます。」とも書いてたあったのだが、疑問だ。読後もすっきりとはせず、はっきり言って満足できる作品ではなかった。



| ”つ” その他 | 15:30 | comments(0) | ゆこりん |