トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 華氏451度(レイ・ブラッドベリ) | main | 疾風ロンド(東野圭吾) >>
一葉のめがね(高山美香)

「(゜ロ゜;)エェッ!? あの人にはこんなエピソードが!」
札幌在住のイラストレーター高山美香さんが、ミニチュア粘土人形とイラストエッセイで世界の偉人達に鋭く迫る。

この本を読んだ人ならだれでもニヤリとしてしまうだろう。偉人のミニチュア粘土人形のできばえの素晴らしさ!そして、それに負けず劣らずの意外なエピソード。読み始めたら止まらない。あっという間に読み終えてしまった。
タイトルの「一葉のめがね」。実は、樋口一葉は隣に座っている人の顔も分からないほど強度の近視だったそうだ。けれど、人前で眼鏡をかけることを極度に嫌い、裸眼で通していたとのこと。また、漱石は肩凝りで、その肩凝りという言葉は漱石が作った造語だった!知らなかった・・・。そのほかにも、数々の偉人のエピソードが詰まっている。文章を読んでも楽しいし、イラストや粘土人形を眺めるだけでも楽しい。できるならこの本を多くの人に読んでもらいたいと思う。高山美香さんの魅力をぜひ知ってほしい。



| ”た” その他 | 19:39 | comments(0) | ゆこりん |