トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 闇の花道(浅田次郎) | main | 初湯千両(浅田次郎) >>
残俠(浅田次郎)

松蔵は寅兄ィと二人初詣にやってきた。そこで、あざやかな長刀使いの老人に出会う。その老人はただ者ではなかった。彼の名は山本政五郎・・・。死んだと言われてきた清水次郎長の子分、小政だった!!表題作を含む8編を収録。「天切り松 闇がたり」シリーズ2。

夜盗の声音「闇がたり」で語る不思議な老人松蔵の話は、多くの人をひきつける。小政の、一宿一飯の義理を通そうとする姿、目細の安吉の鮮やかな中抜き、嘘を語らせたら天下一品の常兄ィの恋、おこんを慕う軍人、そして松蔵と初菊のひととき、松蔵の父の死。どの話も、義理と人情にあふれていて心にしみる。そして、登場する安吉一家の男たちの一本筋が通った生き方も、読んでいて小気味よい。ただ、話の内容があまりにも現実離れしてるのが少々気になる。楽しめる作品だとは思うが。



| 浅田 次郎 | 19:52 | comments(0) | ゆこりん |