トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 夜の果てまで(盛田隆二) | main | 氷菓(米澤穂信) >>
家日和(奥田英朗)

男にとって家とは?家族とは?女にとって家とは?家族とは?日常を生きるさまざまな家族の姿を描いた6編を収録。

どの話も個性的で味わいがある。中でも、ネットオークションにはまっていく主婦紀子を描いた「サニーデイズ」は、一番好きな話だった。最初は不用品を売る目的で始めたネットオークションだったが、その目的が思わぬ方向にそれて行く。その様はとても面白かった。何でも売ってしまおうとした紀子。だが、決して売れないもの、売ってはいけないものがあることに気づく。家族の良さをしみじみと感じさせてくれるラストもよかった。会社が倒産したことにより主夫に目覚めていく男の話「ここが青山」、男の居場所を作り上げる話「家においでよ」も興味深かった。「家っていいな♪家族っていいな♪」そんなほのぼのとした気持ちにさせてくれる作品だった。



| 奥田 英朗 | 15:58 | comments(0) | ゆこりん |