トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< ア・ソング・フォー・ユー(柴田よしき) | main | いっぽん桜(山本一力) >>
花の回廊(宮本輝)

父や母に会いたいと泣いてばかりいたので、富山から大阪に戻ることになった伸仁だが、両親と一緒に暮らすことはまだできなかった。父熊吾の妹タネに預けられた伸仁は、そこでさまざまな人たちと出会う。一方熊吾や房江は、一日も早く家族3人が暮らせるよう努力をするのだが・・・。「流転の海」シリーズ第5部。

待ちに待った第5部。この作品では、熊吾は無一文だ。房江は毎日いやな思いをしながら小料理屋で働いている。熊吾の妹タネに預けられた伸仁は、そこに暮らす人たちの貧しさを肌で感じている。貧しさは同じでも、生きていく方法は人さまざまだ。そういう人たちを見ながら生活する伸仁は、たくましくそして心の優しい少年になっていく。彼の成長を読み続けられるのはとてもうれしい。一方で、熊吾の事業はどうなるのか?伸仁をとり巻く人たちのこれからは?気がかりなこともたくさんある。第5部の終わり方は消化不良という感じだ。この続きを当分読めないのはとても残念だし、体に悪い(笑)。作者に、できるだけ早く第6部を書き上げてくれるように頼みたい。



| 宮本 輝 | 17:08 | comments(0) | ゆこりん |