トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 鹿男あをによし(万城目学) | main | いつか陽のあたる場所で(乃南アサ) >>
無人島に生きる十六人(須川邦彦)

明治31年、16人を乗せた龍睡丸が嵐で難破し無人島に流れ着いた。そこで彼らを待ち受けていたのは?16人の工夫と団結で乗り切った無人島での生活を克明に描いたフィクション。

無線があるわけでもない。まして飛行機での海上捜索などない時代だ。ほかの船が島の近くを通りかかるのを辛抱強く待つしかない無人島での生活は、先の見えない過酷な生活だと思う。そんな絶望的な気持ちになってもおかしくない状況の中、彼ら16人は決してあきらめず、希望を捨てず、見事な団結力で生き抜いていく。発揮されるさまざまな知恵と工夫には驚かされる。昭和の初めに書かれた作品だが、今読んでもとても面白い。子供から大人まで、ワクワクした気持ちで読めるのではないだろうか。



| ”す” | 17:02 | comments(0) | ゆこりん |