トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< みずうみ(いしいしんじ) | main | 雪が降る(藤原伊織) >>
回転木馬(柴田よしき)

突然失踪した夫貴之。夫の後を継いで探偵になった唯は、10年後に偶然貴之の姿を目撃した。手がかりを求めて新潟にやってきた唯は、そこで思わぬ事実に直面する・・・。「観覧車」の続編。

やっと続編が読める。この作品を手に取ったときそう思った。なぜ貴之が失踪したのか?その謎がずっと心に引っかかっていた。失踪の理由は、誰もが「こんなものだろう。」と言うような、無難なものにまとめられていたが・・・。それにしても唯のように10年以上も待てるだろうか?どんなに愛していたとしても、その年月は残酷なほど長い。その年月に負けず劣らず残酷な現実も待っていたのに。はたして唯はこれから先、それをどのように受け止めて生きていくのか?新たな一歩を踏み出そうとする唯。唯の本当の物語は、ここからが始まりなのだ。



| 柴田 よしき | 18:43 | comments(0) | ゆこりん |