トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 空白の叫び(貫井徳郎) | main | でいごの花の下に(池永陽) >>
温室デイズ(瀬尾まいこ)

学校が、クラスが崩壊していく!!何とかしようとみちるが行動を起こそうとしたとき、つらい現実がせまってきた・・・。

クラス崩壊やいじめの問題は珍しくなくなっている。だからと言って見過ごすことはできないのだが・・・。一人の人間が標的にされていても、誰もとめる人はいない。担任までもが見て見ぬふりをする。こんなことが実際に多くの学校で起こっている。読んでいてつらかったが、反面怒りも感じた。一人を寄ってたかってみんなでいじめることに何の罪悪感も感じない今の子供たち。それをとめようともしない大人たち。世の中、どこかおかしい。中学校生活はもうぬるま湯ではないのだ。見せかけだけの「温室」の中にいる子供たちは、これからどうなるのだろう?先が全く見えないことに、とても不安を感じた。



| 瀬尾 まいこ | 20:10 | comments(0) | ゆこりん |