トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< おまけのこ(畠中恵) | main | ありがとう大五郎(大谷英之・淳子) >>
千日紅の恋人(帚木蓬生)

不幸な二度の結婚の後、時子は父が遺したアパート「扇荘」の管理と老人介護施設でのパートをしていた。自分の人生に疑問を持ち始めていたとき、扇荘に一人の男性が引っ越してくる。時子はしだいに彼の存在が気になり始めるが・・・。

前半は、扇荘の住人との間に起こる出来事、時子自身のこと、時子の母のことなどが中心だが、読んでいて退屈な面があった。だが後半は面白かった。扇荘のささやかな日常の中にも、さまざまな悩みや悲しみがある。それを思いやる時子の優しさが心にしみる。時子と有馬の恋愛もよかった。派手さはない。だからこそ読んでいて身近に感じられ、胸を打たれた。ラストでは涙がこぼれた。静かで、穏やかな感じの作品だった。



| 帚木 蓬生 | 15:31 | comments(0) | ゆこりん |