トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< 噂(荻原浩) | main | 光の帝国(恩田陸) >>
透明な旅路と(あさのあつこ)

真っ白な女の首を絞めた・・・。いつ事が発覚するだろう?そんな不安の中、吉行は車を走らせる。旧道に入ったとき、幼い少女を連れた少年が現れる。やがて3人は、少女の家があるという「尾谷村」を目ざすが・・・。夢かうつつか?不思議な旅が始まった。

不思議な話だった。どこまでが現実なのだろう。全ては吉行の心が作り出したものなのだろうか?去っていった妻と子、殺してしまった行きずりの女。吉行の心のすきまに少年と少女が入り込む。読んでいくうちに、この二人の存在だけでなく、吉行の存在さえ現実のものかどうか疑わしくなってしまう。旅の果てに吉行が見たもの、それだけが確かな真実となって迫ってきた。



| あさの あつこ | 19:55 | comments(0) | ゆこりん |