トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

<< ぬしさまへ(畠中恵) | main | いとしのヒナゴン(重松清) >>
天使の梯子(村山由佳)

愛した女性は8歳年上。高校時代の国語の先生だった。しかも彼女には、人に言えない心の傷があった・・・。夏姫と慎一の恋の行方は、はたして?

人はその心の中に、他人には知られたくない傷を抱えていることがある。それを癒してくれるのは、時の流れ?愛する人の存在?その両方かもしれない。どんなに悔やんでも悔やみきれないことがある。時を戻すことができるなら、どんなにいいだろう。そう願ったことは誰にでもあると思う。だが、人は前へ進むことしかできない。夏姫や慎一も、過去の苦しみを乗り越えて前に進んで欲しいと思う。二人でならそれが出来るはず・・・。
とても切ない話だったが、今までにあるパターン。「お涙ちょうだい」的な部分もあり、感情移入できなかったのが残念だった。



| 村山 由佳 | 15:26 | comments(0) | ゆこりん |