トップページへ♪
MY SITE & MAIL

トップページへ♪ メール♪
ホームページです♪
日記のblogです♪

SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
My Book
日本の作家
<あ行> ------------ <か行> ------------ <さ行> ------------ <た行> ------------ <な行> ------------ <は行> ------------ <ま行> ------------ <や行> ------------ <ら行> ------------ <わ行> ------------ <その他> ----------
海外の作家
おっ!本♪
Search this site.

PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode

パパとムスメの七日間(五十嵐貴久)

パパがムスメで、ムスメがパパ?突然の事故で入れ替わった二人。サラリーマンと女子高生の生活のギャップは大きい。はたして二人はうまく乗り切ることができるのか?

47歳の中年サラリーマンと、16歳のバリバリ女子高生。この二人が入れ替わったから大変。娘小梅の、父親に体を絶対に見られたくない気持ちはとてもよく分かる。娘の体になった父親のうろたえぶりが面白い。お風呂のシーンは笑える。また、最初は父親の体や会社へ行くことに拒否反応を示していた小梅だが、しだいに父の仕事を理解するようになる。いくら家族でも、それぞれの立場なんて理解できないものだ。父には父の立場や苦悩がある。それを実感する小梅。そして行動を起こすが・・・。ラストはちょっとドタバタだが、無難にまとめられていた。親と子の間がうまくいっていないときは、1週間ほど入れ替わるといいかもしれない(笑)。テンポがよく、楽しめる作品だった。



| 五十嵐 貴久 | 19:49 | comments(0) | ゆこりん |


2005年のロケットボーイズ(五十嵐貴久)

キューブサットを宇宙へ飛ばそう!!落ちこぼれ高校生がひとつの夢に向って走り出した。10センチ角の立方体には、みんなの思いも詰め込まれていた。果たして結果は?

キューブサットを宇宙へ!!落ちこぼれの高校生が、大学生でも成し遂げられそうにないことに挑戦した。お金なし、時間なし、人材なし。一人一人では無理なことも大勢の力が合わされば、とてつもないパワーが生まれる。その典型的な物語だ。個性豊かな仲間たち♪ その若さが、情熱が、うらやましいくらいに生き生きと描かれている。あきらめるな!くじけるな!前に進み続ける限り道は閉ざされることはない。読んでいると何だか力が湧いてくる。読後もすっきりさわやか♪楽しめる作品。



| 五十嵐 貴久 | 21:34 | comments(0) | ゆこりん |


交渉人(五十嵐貴久)

コンビニを襲った強盗三人組が、救急病院に逃げ込んだ!患者らを人質に立てこもる犯人に対し、交渉人の石田が犯人と電話でかけ引きをおこなう。果たして人質を無事救い出し、犯人を逮捕することができるのか?

犯人と交渉人の息詰まる駆け引き。犯人の目的は?そして人質の命は?緊迫した状況は、読み手の側にも伝わってくる。交渉人の手腕が冴え渡る。解決間近と思われたが、意外な展開に・・・。それは読み手を充分驚かせる。第1章「事件」、第2章「交渉」、第3章「追跡」まではテンポがよく、緊張感も伝わってくる。だが、第4章「真相」では、それまでの雰囲気がガラリと変わっている。これがいいのか悪いのか読み手によって違うと思うが、私としては第1〜3章までの緊張感を保ったままでラストを迎えたかった。第4章はここまで長さが必要だったのだろうか。



| 五十嵐 貴久 | 16:25 | comments(0) | ゆこりん |


安政五年の大脱走(五十嵐貴久)

側室の話を断った津和野藩の美雪姫。怒った大老井伊直弼は津和野藩に謀反の疑いをかけ、藩士51人と姫を山頂に幽閉する。まわりが断崖絶壁の山頂からは脱出不可能か!だが、彼らは決してあきらめなかった。

厳重な警戒。まわりは断崖絶壁。不可能と思われた脱出だが、藩士たちは知恵をしぼって試みる。満足な道具もなく、工夫に工夫を重ねながら彼らは挑む。そこには権力に屈することのない強い意思があった。奇想天外なラストには拍手。人の心を動かすのは、権力でもお金でもない。やはり人の心だと思う。それに気づかなかった井伊直弼は愚かだった。読後もさわやか♪楽しい作品だった。



| 五十嵐 貴久 | 18:35 | comments(0) | ゆこりん |


Fake(五十嵐貴久)

昌史を芸大に合格させるため、大学入試センターでのカンニングを実行!だが、完璧だと思われたカンニングは露呈し、それに関わった宮本は職を、加奈は東大の学籍を失った。宮本と加奈を嵌めたのは、砥川組組長の息子の沢田。彼の狙いは果たして何だったのか?宮本と加奈、そして浪人生昌史と父親の元区会議員の西村。彼らは沢田への復讐のため、10億円を賭けたポーカーの勝負に挑んだ。

10億円を賭けたポーカー。万全を期した作戦は成功するのか?緊迫する勝負の駆け引き。お互いがお互いの裏をかく。果たして、勝利の女神はどちらに微笑むのか?スリリングな展開から目が離せない。だますものだまされるもの。そしてラストは?もしかしたら、一番だまされたのは読んでいる側の人間である私たちかもしれない。作者に嵌められた?痛快で、最後の最後まで楽しませてくれる作品だった。



| 五十嵐 貴久 | 16:49 | comments(0) | ゆこりん |


TVJ(五十嵐貴久)

最新機器を備えたテレビ局がテロリストに乗っ取られた!人質となった愛する婚約者を救うため、由紀子は敢然とひとりで立ち向かう。はたして彼女に勝利の女神はほほえむのか?

29歳の平凡なOL由紀子。彼女はある日突然事件に巻き込まれる。テレビ局ビルの外では、人々が大騒ぎ。頼る者もないたったひとりの状況で、ありったけの勇気をふりしぼってテロリストに立ち向かう。「そんなばかな!」と思いながらも、その面白さに目が離せない。ひとつひとつ自分ができることを確実にこなして、彼女は進む。「平凡なOLだってやるときにはやるわよ!」彼女の声が聞こえてきそうだ。読後もスカッとさわやか。文句なく楽しめる作品。



| 五十嵐 貴久 | 14:48 | comments(0) | ゆこりん |